トマトダイエットの正しいやり方|いつから効果を感じられるの?

昔から、「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがありますがご存知でしょうか?
もともとはイタリアのことわざのようですが、英語だと

「A tomato a day keeps the doctor away.」
一日一個のトマトが医者を遠ざける、という意味になります。

つまり毎日トマトを食べていれば健康でいられますよということです。
このことわざは正しいのでしょうか?でも昔の言い伝えやことわざは軽視できないですよね。

トマトダイエットはその名の通りトマトを用いたダイエット法になります。
トマトに含まれる「リコピン」という成分が身体の基礎代謝をあげる効果があることを
応用したダイエット方法です。またリコピンは抗酸化作用にも優れていて
体内の酸化を防ぐのに適した物質です。

現代はなかなか運動をしたりする時間が取れない方も多いと思います。
運動不足は生活習慣病やガンなどの原因となる活性酸素の蓄積を招いてしまうのですが
リコピンは活性酸素を取り除く働きも持っています。

健康な身体作りをしながらダイエットできるわけです。

また、身体の老化は身体が酸化していくことに大きく関わりがあるといわれています。
リコピンの持つ抗酸化作用は肌荒れの防止や改善にも一役かってくれます。
トマトには豊富なビタミンが含まれていますので肌のバリア機能を強くし
ニキビ予防や化粧ノリの改善にも効果があるようです。

トマトダイエットが人気の理由は
健康な身体作りをしながら無理なく続けられリバウンドの危険性も少ないことと
素肌もきれいになっていくということです。

トマトダイエットを成功させる為のポイントは、リコピンを毎日継続して、適切な量を適切なタイミングで摂取する事です。

関連リンク
メタボを解消するには

トマトダイエットに失敗しない為のルール

トマトダイエットは、ただトマトをたくさん食べ続ければ良いというわけではなくいくつかのルールが存在します。

トマトダイエットの方法を簡単にまとめた上でそのルールをご説明します。

リコピンは寝ている間に吸収され働く事に意味があります。

リコピンが吸収されやすいかたちでトマトのリコピンを摂取する必要があり
ます。

トマトなら3個分、ミニトマトなら17個ほどのリコピンがトマトダイエットには必要です。
生トマトを毎日この分量を食べ続けるのは続かないので、加工品やサプリメントで
対応する必要があります。トマトジュースやトマト缶が真っ赤なのはリコピンが
豊富に含まれている証拠です。トマトジュースが苦手な方は味を調整したりする方法もありますが
そこまで無理をするならサプリメントに頼ってしまった方が簡単でしょう。
ちなみに私達が通常目にするトマトは「ピンク系」トマトと呼ばれており、
ミニトマトや加工品に使われる「赤系」トマトとは異なります。
実はこの赤系トマトの方がリコピンがたくさん含まれているのです。
リコピンを効果的に摂る為にも重要なポイントです。

期間は目安です。継続し続ける事が一番良いのは言うまでもありません。

リコピンはダイエットや美肌以外にも健康になる為の要素や病気予防の効果を持ち合わせています。

リコピンを摂り続ける事が習慣となるようなライフスタイルを目指すと良いでしょう。

そして、大切なルールがもうひとつあります。

どれだけトマトを食べていても、暴飲暴食、睡眠不足、偏食では意味がありません。
これはどのようなダイエットにも共通しますが、起床時間や就寝時間、食生活などを
整えることによっても健康が保たれ痩せやすい身体を作る事が出来ます。

かといって極度に食べる量を減らしたり断酒する必要はありません。
無理なダイエットやカロリー制限で余計なストレスを受けて続かなかったり
最悪リバウンドしてさらに体重増加を招くくらいなら意味がありません。
トマトダイエットは無理をする必要がありません。

トマトダイエットを継続する期間

トマトダイエットを続けていくうえで良く言われているのが、最低でも3か月は続けて理想的には6カ月行いましょうと言われています。
もちろん理由があって、トマトダイエット自体が数日間で無理をして痩せるような方法で考えられていない為です。
トマトダイエットはリコピンを体内に安定して取り入れて痩せやすい身体作りを目指すものです。
1週間で痩せたい場合は別のダイエット方法を探しましょう。
ただ、6か月続けたらはいお終い、というのも違うような気もします。トマトダイエットでしっかり体質と体型を改善するとともに
生活習慣、食生活を改善し、リコピンを積極的に摂る習慣も付けられたら理想的ですね。
ちなみに、人間の肌が生まれ変わるターンオーバーは約28日周期でまわっていますので、体重や体型の変化より先に
素肌の変化に気づくことになるかもしれません。

リコピンの一日当たり摂取量

リコピンの一日当たりの適切な摂取量は15mgといわれています。
リコピンを15mg摂取し続ける事によって抗酸化作用、基礎代謝アップが期待できます。
15mgといわれてもなかなかピンと来ないと思いますが、だいたいの目安は以下の通りです。

生トマトなら……大2個orミニトマト17個
トマトジュース……350mlを2~3本
ホールトマト缶……1缶弱
トマトケチャップ……大さじ4杯強

生トマトで毎日とれと言われたらちょっと自信がないですね。
トマトを用いた加工品やサプリメントを用いた方がトマトダイエットに必要な栄養素は摂取しやすいようですね。

リコピンを摂取するタイミング

トマトを食べたり、リコピンを摂取するタイミングも重要です。リコピンを摂取するタイミングは夜が良いとされています。
なぜかというと、人間は寝ている間に成長ホルモンが分泌され、この成長ホルモンが身体の基礎代謝を上げる役割を
果たしているからです。そしてこの成長ホルモンの分泌にリコピンやトマトに含まれるビタミン群が働きかけるという事です。
ちなみに、リコピンを摂取してから肌などの細胞に到達するのに6~8時間かかります。
中には「夜っていつ??」という方や食事の時間が遅い方もいらっしゃるでしょうから、目安としてはトマトの加工品を
夕食と一緒に食べたりサプリメントであれば睡眠の2時間前程がちょうど良いでしょう。

以上がトマトダイエットの基本となります。しかし、ただ、闇雲にトマトを食べ続けていれば良いというわけではありません。
リコピンについては、せっかくいろいろな研究が為されているのですから、効果的にリコピンを体内に取り込む為のコツを覚えておいても損はないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました