子供用カルシウムサプリとジュニアプロテインはどっちがいい?違いはあるの?

子供のカルシウム不足を補うためにいざカルシウム補助製品の購入を検討してみると多くの商品が発売されており一体どれを選べばより効率よくカルシウムを補給できるのかわからない方も多くいるのではないかと思います。
その中でもカルシウムサプリがとカルシウムプロテインのどちらがいいのか?を教えて欲しいとの声を多く見かけましたのでその疑問にお答えしていきます。

カルシウムサプリの役割、目的とは?

カルシウムサプリとは、文字通りカルシウム不足を補うことを目的としたサプリメントです。サプリメントとは、直訳すると「補う」という意味を持ちあくまでも不足しがちな各種の栄養素を補助することが目的の商品です。食事から摂ることの栄養素の中には、ただそれ単体で食べるだけじゃ吸収しづらい栄養素もありますが、サプリにはその成分の吸収率を高めてくれる成分を同時に配合していることが多く非常に効率的に特定の栄養素をカバーすることができます。
サプリメントは厚生労働省の定める薬事分類において「健康食品」に該当し医薬品ではないと理解しておく必要があります。カルシウムサプリを始めとした各種のサプリを薬として捉えてしまうとその目的は「特定の疾患を治療すること」になってしまいます。サプリには、即効性はありませんので治療目的でサプリを捉えてしまうと効果がないとの不満や感想を持つようになってしまいます。
カルシウムサプリを求めるユーザーの目的は、不足しがちなカルシウムの摂取を補強することにありますのでまさにサプリという形態がベストになります。

カルシウムプロテインの目的とは?

カルシウムプロテインの役割や目的を見ていく前にまずはプロテインとは何か?を復習しましょう。プロテインと聞くと栄養満点でボディビルダーが飲んでいる粉末状の栄養補助食品を想像するかと思います。実は、プロテインとは単純にタンパク質という意味になります。牛乳や卵、大豆などの食材を原料としてタンパク質を効率よく吸収できるように設計され作られた食品になります。必要なタンパク質のみを効率よく吸収でき、吸収までにかかる時間が短縮できるように工夫されています。
つまり、カルシウムプロテインのメインの目的は、第一にタンパク質を補うこと、そしてタンパク質に加えてカルシウムが補えるように設計されているものがカルシウムプロテインということになります。

カルシウムサプリとカルシウムプロテインどっちがいいの?

例えば子供が牛乳嫌いや好き嫌いに偏りがある、クラスのみんなに比べて低身長、身体の線が細く体力をつけてあげたい、イライラしたり情緒が安定しないなどを目的として商品を探している場合は、やはりカルシウムサプリの購入をおすすめします。
カルシウムサプリは、とにかく何よりもカルシウムを補い吸収することを最優先に商品設計されています。そのため、カルシウムの吸収を促進するマグネシウムやビタミンD、ビタミンC、カルシウムが血液に溶け出してしまうのを防ぐイソフラボン、そしてもちろんカルシウムのチカラを支えるタンパク質も含まれています。
プロテインを摂って筋肉を成長させることは成人した後でもいくらでもできます。しかし、カルシウムを補って骨を強くし骨端線の成長を支え骨の延長させることは子供のうちでしかできません。
ですので、子供の身長対策や子供の身体を土台から強化してあげたい方はカルシウムサプリをチョイスするようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました