リコピンにはどんな効果があるの?

リコピンは抗酸化作用に優れていますが、実際私達の身体にどのようなメリットがあるのでしょうか?

その前に私達の身体に大敵の活性酸素について簡単に触れておきましょう。
活性酸素というのは名前が示すとおりに
通常の酸素と比べ、「モノを酸化する力」が強い酸素のことです。
日常生活においても呼吸して体内に取り込んだ酸素の2~3%は活性酸素となるようです。

また、日光や激しい運動、喫煙、飲酒においても体内で活性酸素が発生します。
しかし、活性酸素が身体の毒かと言われれば完全にはそうではなく、体内に侵入した細菌などの異物を
殺すなどの役割を担っているのです。

問題なのは体内で生成された活性酸素が処理しきれなくなって蓄積してしまうことにあります。
過剰となった活性酸素は身体に対する酸化作用が強すぎて
遺伝子を傷つけたりたんぱく質を変性させてしまいます。

つまり、活性酸素が、がんや脳卒中、心臓病などの生活習慣病の原因のひとつとなっていることがわかっているのです。

そしてリコピンにはこの活性酸素を除去する力があります。
通常私たちが呼吸で取り入れる酸素は「三重項酸素」と呼ばれていますが
活性酸素は不安定な「一重項酸素」の状態にあります。
リコピンはこの一重項酸素をもとの三重項酸素に戻してくれるという作用があります。

この変換作用が身体にさまざまなメリットを与えてくれます。

リコピンには美白効果があるって本当?

抗酸化作用に優れたリコピンは、美白と美肌にも大変効果を発揮します。
肌の酸化が老化に繋がることはもうご存知かと思いますが、
リコピンは活性酸素を除去する為、メラニン生成を促すチロシナーゼの働きを抑えてくれます。

そのため、トマトペーストを顔に塗るトマトパックやトマト風呂も行われているようですが、
皮膚からの吸収ではリコピンを容易には摂り込めない為、体内に取り込む事が求められます。
リコピンを摂取してから6~8時間程度で皮膚に届くのですからその方が確実です。
実はここにも夜にリコピンを摂取する理由があります。
夕食や夜にリコピンを摂り込んでおけば寝ている間に紫外線に対するバリア機能が作られる
ということです。

そもそも美白の大敵であるメラニンはどのように生成されるのでしょうか?
まず、紫外線を受ける事によって皮膚表面に活性酸素が発生します。
この活性酸素がメラニン生成に必要な「チロシナーゼ」の活性化をする物質が出されます。
チロシナーゼが活性化することによってメラニンが生成されます。

しかし、リコピンは紫外線によって皮膚の表面に生まれる活性酸素を除去してくれる為に
結果的にメラニンが生成されず美白につながるという事です。
リコピンは皮膚や体内に蓄積されますので、継続して摂り続けるのが望ましいのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました