更年期障害とは何?どんな症状があらわれるの?

更年期とは、閉経を挟んだ前後を合わせた10年ほどの期間のことを指します。

閉経とは、1年間以上無月経になったときのことを言い、個人差はありますが、50歳前後に閉経する人が多いようです。

よって、一般的には45歳~55歳の間が更年期と呼ばれることが多いようです。

この更年期の期間に、卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」が急激に減少し、ホルモンバランスが崩れるので、それに伴って様々な体の不調が現れます。

更年期の様々な不調のことを「更年期症状」と言い、日常生活や仕事に支障が出るほど重い症状のことを「更年期障害」と呼んでいます。

この更年期の不調を感じるかどうかは個人差があり、ほとんど感じない人もいれば、重い症状が出る人もいます。

更年期の症状は、長い人で10年以上続く場合もあり、この更年期の時期をいかに健康に元気に、不快な症状を抑えて過ごすかということが、女性にとっては大きな問題となっているのです。

更年期には様々な症状が現れますが、その原因は、女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」の減少です。

エストロゲンは卵巣で作られる女性ホルモンの一種で、子宮の発育や子宮内膜の増殖などに関わりがあります。

更年期を迎える時期になると、卵巣機能が衰えてくるため、このエストロゲンの分泌が減少します。

すると、脳が、卵胞刺激ホルモンを出して「エストロゲンを多く出すように」と指示を送るのですが、機能が低下した卵巣は、それにこたえることができません。

脳は、エストロゲンが一向に増えないため、指令物質である卵胞刺激ホルモンをますます増やしていくという悪循環が生まれ、ホルモンのアンバランスが起きてしまいます。

そして、このバランスの崩れが、更年期症状と言われる、様々な不快な症状の原因となるのです。

実は、エストロゲンは生殖機能だけではなく、神経や血管、骨や脳まで、体の色々な臓器に影響を与えるホルモンとなっているので、エストロゲンが減少してホルモンバランスが崩れることで、全身に様々な不調が現れてしまうのです。

また、環境の変化も更年期障害の原因の一つとして挙げられます。

更年期障害が起こる時期は、子供が社会人になって独立したり、夫が定年になって自宅にいる時間が多くなったり、親が年老いて介護が必要になる時期と重なります。

急激に生活リズムが変わると、ホルモンバラスの精神的なストレスになり、更年期障害の症状が現れる場合があります。

更年期症状には、個人差がありますが、若い頃に無理なダイエットを行っていたり、不規則な生活を続けていたなど、若い時の不摂生が更年期障害に繋がっているという指摘もあります。

更年期を穏やかに迎えるためにも、生活のリズムを整え、生活習慣を見直し、規則正しい生活を送るようにしましょう。

更年期には様々な不調が現れます。ホットフラッシュや発汗、めまい、不安感などが多いですが、更年期の症状には個人差があり、その種類も様々です。

一見更年期が原因ではないと思われても、実は更年期症状だったという場合もありますので、40代を過ぎて不調が現れた場合は、「もしかしたら更年期が原因かもしれない」と考えてみることも大切です。

更年期障害の主な症状は、以下のようになっています。

ホットフラッシュ

ホットフラッシュとは、自分の意思とは無関係に、首から上が突然熱くなり、大量の汗をかく症状のことを言います。

また、目が覚めるくらい大量の寝汗をかく場合もあります。

更年期障害の代表的な症状の一つで、自律神経の乱れから、発汗のコントロールができなくなることが原因です。

めまい

血管の収縮や拡張がうまくできずにめまいが起こるもので、更年期障害の症状の一つとされています。

急に立ち上がったとき、向きを変えたときなどに起こりやすいので、気を付けなければなりません。

めまいが起こったら、無理に動くのは危険なので、まずは横になって休むようにしましょう。

肩こり

更年期に入ると、首や肩などに凝りを感じる人は多く、肩こりも更年期の代表的な症状の一つとなっています。

肩こりをやわらげるため、日ごろから正しい姿勢を意識したり、ストレッチや適度な運動をおこなう、全身の血流を良くするために、お風呂にゆっくりと浸かるといったことも効果的です。

倦怠感や疲れ

更年期では、毎日がだるい、やる気が起こらないといったような倦怠感が現れる人も多く、毎日の生活に支障が出てしまう場合もあります。

だるくて何もできない、疲れやすいというのは原因なのですが、それを周りに理解してもらえないこともあり、余計にふさぎ込んでしまうことも多いようです。

ひどい倦怠感や疲れを感じる場合は、無理をせず、横になって休むようにしましょう。

頭痛

偏頭痛も更年期症状の一つです。もともと偏頭痛を持っていた人がひどくなる場合もありますし、更年期を境にして、偏頭痛を発症する場合もあります。

更年期の頭痛は、脳血管の欠陥壁がけいれんしたり、収縮したりして起こるものがほとんどです。頭痛を感じなくても、頭が重い、首のあたりが凝って痛いという症状が現れる場合もあります。

不安感やイライラ

更年期症状のひとつとして、気分が落ち込んだり、イライラして情緒が不安定になるなど「うつ」と似た症状が出る場合があります。

その場合、更年期症状としての「うつ」なのか、更年期とは関係のない「うつの症状」なのかをしっかりと見極める必要があります。

更年期の時期に差し掛かっていたら、まずは「更年期の症状かもしれない」と考えてみましょう。

睡眠障害

エストロゲンの減少で自律神経が乱れてしまい、寝つきが悪くなったり、睡眠が浅い、目がすぐに覚めてしまうなどの症状が現れる場合があります。

質の良い睡眠を取ることができないと、疲れがたまり、他の症状までひどくなってしまうこともあります。

寝る前にはストレッチをする、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かるなどして、体がリラックスできるように心がけましょう。

また、寝る前にテレビを見たり、パソコンやスマホの画面を見ると、脳が興奮して寝つきにくくなりますので注意が必要です。

更年期に起こるその他の症状

今まで紹介してきた症状は、更年期に現れる主な症状ですが、更年期の時期に起こりうる症状には、他にも様々なものがあります。また更年期の初期に出やすい症状、中期や後期に出やすい症状に分けることもできます。

更年期の初期によくみられる症状
自律神経失調症状 ほてり、のぼせ、発汗、冷え、動悸、血圧の変化
精神神経症状 物忘れ、不眠、集中力低下、イライラ、頭痛、めまい、しびれ、孤独感や不安感

更年期中期

更年期の中期から後期によくみられる症状
膣や膀胱の衰え 頻尿、尿漏れ、細菌性膣炎、尿が我慢できない
筋肉や骨格の衰え 尿漏れ、子宮脱、肩こり、関節痛、腰痛、背骨の痛み、足のだるさ
皮膚の衰え しみ、たるみ、しわ、肌の透明感の低下

この他にも、閉経後は女性ホルモンが低下するための、高血圧の症状がみられるようになります。

高血圧の状態が続き、高脂血症、高血糖、肥満などの症状も加わると、動脈硬化が進んでいきます。

このようにして、閉経から10年くらい経つと、それらの悪影響が出始め、狭心症や心筋梗塞などの発症率が増えていきますので注意が必要です。

40代になると、体の不調を感じる人も増えてきます。しかし、更年期かもしれないと感じても、すぐに病院で診てもらうことに、抵抗を感じる人も多いでしょう。

日常生活に支障が出るほどひどくなければ、今は様々なサプリがでていますので、自分でできることとして、まずはサプリを飲んでみるという方法もあります。

一般的な更年期は45~55歳くらいの10年間と言われていますが、最近では20代、30代から「顔のほてり」「のぼせ」「イライラ」など、更年期のような症状を感じる人が増えており、これは「プレ更年期」と呼ばれています。

20代30代は、まだエストロゲンが十分に分泌されている状態ではありますが、過労やストレスなどにより、自律神経のバランスが崩れてしまい、更年期障害と同じような症状が現れる場合があるのです。

こういった症状が現れた場合は、規則正しい生活をし、ストレスをやわらげるなどして、自律神経の働きを元に戻してあげることが大切です。

更年期を乗り越える対処法

更年期障害を病院で治療する

更年期とうまく付き合っていくことが、閉経後からの10年、20年を生き生きと過ごすために大切なことです。

更年期を上手に乗り越えるためには、様々な対処方法があり、自分に合ったやり方や方法を選ぶことが大切です。

更年期障害がひどい場合、日常生活をスムーズに過ごすことが難しくなります。このような場合は、病院で診断を受け、適切な治療を受ける必要があります。

ホルモン補充療法とは、足りなくなったホルモンを補い、症状を改善していく方法で、一番多く利用されています。

ホルモンの補充の仕方は色々あり、飲み薬や張り薬、塗り薬があるので、自分に一番合った方法を選ぶことがでます。

ただし、乳がんや子宮体ガンの人や、薬でアレルギー症状が出た人は、この方法が使えない場合があります。

漢方療法は、漢方を飲んで治療する方法です。

漢方薬は、効き目は穏やかではありますが、通常の薬よりも副作用が少ないので、長期間飲み続けることができます。

立ちくらみやふらふら感などを治療したり、不安感、動悸息切れなどの症状を改善するために、自律神経調整薬を利用することがあります。

この薬は、交感神経と副交感神経のバランスを整えてくれる効果があり、副作用も比較的少ないとされています。

プラセンタ療法とは、人の胎盤から抽出されたプラセンタエキスを注射する方法で、更年期の様々な不調に効果があります。

プラセンタはアンチエイジングで有名な成分ですが、更年期障害の治療として注射する場合は保険が適用となります。

大豆製品を積極的に摂る

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをする成分として注目されており、更年期症状をやわらげてくれる効果が期待できます。

また、大豆は食物繊維やオリゴ糖も多く含んでいるので、年齢とともに乱れがちな腸内環境を良くし、体全体の調子も整えてくれます。

ヨガを取り入れたストレッチを寝る前に行うと、更年期症状や抑うつ症状を改善することが明らかになっています。

もともとストレッチには、「交感神経の働きを抑え、副交感神経を活発化させる」という効果があります。

また、交感神経が優位になると、血管が収縮して血流が悪くなるため、

  • 肩こり
  • 高血圧
  • むくみ

の原因にもなります。

日常生活にストレッチを取り入れることで、副交感神経を活発にすることができ、更年期症状をやわらげることができます。

また、寝る前にストレッチを行うことで、寝つきが良くなり、安眠できるという効果もあります。

このように、副交感神経を優位にし、質の良い睡眠をとることができると、自然と生活リズムが整ってくるので、更年期症状の緩和が期待できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました