子供の身長の疑問を総まとめ|姿勢や遺伝やストレスは影響するの?

子供の身長を伸ばそうと情報収集をしていると子供の身長にまつわる質問や疑問を目にしました。これらの疑問に対しての答えや子供の身長に関する面白い研究やデータなどをまとめていきたいと思います。

子供の身長と遺伝は関係するの?

今までに背の高い知人の家族は家族全員が高身長の高身長一家であったり、低身長な一家を一度は目にしたことがあるかと思います。このような家族に出会うと身長は遺伝すると思いがちですが、実は身長の遺伝的な要素は25%程しかないと言われています。でもそれでは、高身長一家や低身長一家が実際にいることが証明できませんよね?
遺伝と一言でいっても遺伝子レベル以外にも子供の生活習慣や食習慣は親の意志やルールによって作られるためある意味ではこれも遺伝の1つの形と言えます。生活環境や食習慣のが身長に与える影響はとても大きく遺伝子的な遺伝よりも遥かに多くの影響を受けます。大阪大学で行われた一卵性双生児を対象にした生活環境が与える成長差に関する研究でも成長や老化に与える影響は遺伝的要因よりも生活環境が与える影響の方が大きいとの結論が出されています。
ですので、両親の身長が二人とも低いからと子供の身長を諦める必要は一切ありません。子供が成長しやすい生活習慣や生活環境を作り、身長を伸ばすために必要な成長ホルモンの分泌を促す栄養素が不足しないようにすることで後天的に身長を伸ばしていくことは可能です。

子供の身長と姿勢は関係するの?

昔から身長と子供の姿勢には相関関係があるとされ学校などでは姿勢を注意される場面をよく見かけたかと思います。
実は、以外なことに子供の身長の成長率と姿勢の関係性を証明する化学的、医学的な根拠はありません。
どんなに悪姿勢をとっていてもしっかりとした栄養や睡眠などの生活習慣が整っていれば身長は伸びるのです。
ただし、背筋を丸めるいわゆる「猫背」の子供の身長は実際の身長よりも低く見えるのは事実です。学校で姿勢を注意するのもちゃんとした意味があります。背中を丸めた猫背の状態では、横隔膜の動きが制限されてしまいます。その結果、呼吸によって体内に取り入れられる酸素の供給量が下がり集中力や学力の低下がみられることがわかっています。
子供の身長と姿勢には相関関係はありませんが、悪姿勢で得られるメリットは何ひとつないため子供の姿勢はしっかりと正すようにして上げてください。

身長とストレスは関係するの?

現代はストレス社会と言われていますが、子供達が日々生活している子供の社会にももちろんストレスを生み出す要因は蔓延しています。子供同士の人間関係に関わるストレスやや勉強や宿題に対してのストレス、運動がうまくできないことに対するストレスなど子供も大人と同じように様々なストレスに囲まれ生活しています。
ストレスと身長の成長率には相関関係があります。過度なストレスを受けると精神的に不安定になったり、睡眠障害がおきることもあります。また、食欲不振で栄養不足に繋がったり成長ホルモンの分泌異常などが起こることもあります。 身長が延びるために必要な要素を削ってしまうストレスを出来る限り取り除いてあげれるようにしっかりと子供と向き合いストレスの緩和を手伝ってあけることも子供の身長を伸ばして上げるうえで大切な親の役目の1つです。
精神的にナイーブな子は特にストレスを感じてしまいがちですので、しっかりと栄養を補強してカバーするようにして上げてください。

身長の高さは収入に関係するの?

最後に身長と将来的な身長との相関関係について見ていきましょう。身長と収入の相関関係の調査は世界のいたるところで調査されており、アメリカペンシルバニア大学のニコラ・パーシコ教授やオーストラリア国立大学のアンドリュー・リー教授、シドニー大学のマイケルコート博士、そして大阪大学でも様々な形での調査が行われています。
その全ての研究において身長と収入の間に相関関係は間違いなくあるとの結論が出されています。もちろん本人の努力次第でいくらでも収入は伸ばすことはできますが、このような相関関係が認められているのは事実です。
人は無意識のうちに身長が高い方に統率力を感じる傾向があり人を束ねるポストには高身長の方が優遇されやすいとの研究結果も出ているようです。
知識量や仕事の能力は大人になってからでもいくらでも伸ばすことができます。しかし、身長を伸ばす努力は人生のある一定の時期までしかすることができません。子供の将来が少しでも明るいものになるよう成長ホルモンの分泌が活発に行われ睡眠時間もしっかりと確保できる幼少期に親が責任を持って身長を伸ばすための努力をエスコートしてあげるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました