子供用サプリのメリットとデメリットとは?サプリの役割を再確認!

子供に対してサプリを与えることに対しては賛否両論の意見がありインターネット上では、サプリ推進派とサプリ否定派が日々論戦を繰り広げているのが現状です。子供が幼少期に口にする食べ物のほぼ全ては親の決断によって決まります。何気ない毎日の食事のチョイスが子供の未来に影響を与えていることは紛れもない事実です。
親として子供に対してより正しい判断をとって行けるようにここでは子供がサプリを摂ることのメリットやデメリットなどを詳しく見ていってみましょう。

子供用サプリと食事の違いとは?

はじめにサプリ推進派のと反対派の議論を見ていると「サプリは食事の代わりになるか?ならないか?」の論点で論戦している場面をよく見かけますが、サプリはもちろん食事の変わりにはなりません。
健康補助食品であるサプリの目的は、足りない栄養素を補い支えることです。メインの食事や食材をとるからこそ摂るべきサプリの種類も判断することができます。子供が牛乳嫌いのためカルシウム不足が少し心配だからサプリで補う、頑張っていっぱい食べるように工夫はしているけどどうしても食べてくれなくて偏食気味、少食気味、このような悩みを補い支えるためにサプリは存在しており、このような場合には迷わずサプリを使ったらいいと思います。
サプリはカプセルや錠剤の形をしていますが食品であることに間違いはありません。ただし、野菜のトマトを食べることとトマトの栄養素を抽出したサプリを摂ることは別物だということはわかっておく必要があります。そして、栄養を摂るという行為は食事の持つ役割のうちの1つに過ぎないことも理解する必要があります。
東海大学医学部付属東京病院の西崎泰弘先生は、食事を全てサプリに置き換えても日常生活は維持できると明言しています。ですが、食事をするという行為の中には栄養摂取の為の目的以外にも家族や友人とのコミュニケーション、対話、マナーなどの目的も含まれており子供にとってとても重要な意味を持っています。
またしっかりと食事する機会を設けることは物を咀嚼するというとても大切な役割も担っています。食べ物をよく噛むことで栄養吸収以外にも様々な効果を得れることがわかっています。

  • ダイエット効果=満腹中枢を刺激し食べる量が減るため
  • 虫歯の予防=唾液が多量にでることにより口内の雑菌の繁殖を抑える
  • 脳の活性化=あごの運動が筋肉の刺激と脳を活性化
  • アンチエイジング=顔の筋肉を動かすことで顔のたるみや緩みを抑える
  • 育毛=顔や頭部の血行が促進、頭髪に栄養がまわりやすくなる

子供用サプリのメリット・デメリットとは?

子供の偏食や少食対策として足りない栄養素をサプリで補うことのメリットは数えきれないくらいあります。本来、サプリを使って補助しなければ0だったはずの栄養が必要量補えることは想像以上に子供に対して大きな変化を与えます。
サプリによる栄養補助の効果は身体の成長に限らず、集中力や頭脳の活性化、感情のコントロールや自己肯定感や自己評価を高めることにも繋がっていきます。
幼少期の1つ1つの感情や経験が堆積することで自我や自己認識は形成されていきます。この大切な時期に親が子供のためにしてあげれる最大のサポートは子供がすくすくと元気に成長していけるような支えを作ることです。子供用サプリは、吸収しづらく不足がちな栄養素をピンポイントで補える、子供が飲みやすい味に調整されている、分量の調整がしやすいなどの特徴があるため栄養面から子供をサポートするには抜群に便利な食品です。
デメリットとしては、医薬品と違い厳しい規制がないため安全性の低い商品や添加物だらけでメイン成分がほとんど含まれていないもの商品など低品質な商品も残念ながら販売されている点です。そのような粗悪な商品を選ばないようにしっかりとした商品選びをするようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました