安全な子供用サプリを選ぶ方法とは?子供用サプリに副作用はあるの?

子供の栄養不足を補ったり子供の成長をサポートするために子供用サプリはとても使い勝手がよく便利です。ですが、副作用やアレルギーなど安全面が心配という方も少なくないと思います。せっかく子供のことを思い子供用サプリを生活に取り入れても健康を害してしまっては元も子もありません。
ここでは、子供でも安心して飲めるサプリの安全性に注目していきましょう。

安全性の高い子供用サプリを見極めるには?

身体がまだ成長しきっていない子供でも安心して飲める子供用サプリを見極めるための1つの目安が製品の品質や安全性の確保されていることを表す認証マークの存在です。
サプリは病院や医師の診断によって処方される医薬品とは違い、安全性や特定の効果に関する法的なエビデンスを持っていません。そのため、効果もまったくなく身体に対してただ害になるだけの低品質の製品も数多く出回っているのが現状です。そのような低品質製品を避けるためにも認証マークの存在はとても頼もしい存在といえます。
子供用サプリメントに付与される認証マークの中で特に安全性が高く有名なものをいくつかご紹介します。

  • GMPマーク

厚生労働省による厳しい基準を持ったガイドラインをクリアした製造工程を経て製造された商品にのみ付与される認証マーク。
厚生労働省による認可のため品質と安全性の信頼性は抜群です。

  • ハイクオリティ認証(HQ認証)

一般社団法人 日本健康食品サプリメント情報センターの設けた厳しい審査基準をクリアした商品にのみ付与される認証マーク。
認証されることで薬剤師や医師の情報共有にも用いられるナチュラルメディシンデータベースにも記載されるようになる。

  • 安心安全マーク

NPO法人 日本サプリメント評議会の専門委員による審査により評価され与えられる認証マーク。
原料の安全性だけではなく、エビデンス(科学的根拠)やラベル表記にまでしっかりと審査しているため信頼性はとても高い

  • JHFAマーク

公益財団法人 日本健康栄養食品協会による認定制度。
栄養学や医学の専門家による認定健康食品審査会の審査に通過することで付与される
これらの認証マークがついた商品は極めて安全性の高い信頼性の優れた商品になりますので是非参考にしてみてください。
認証マークがなくても国の公的機関である消費者庁の認可を受けている特定保健食品、いわゆるトクホももちろん安全性は抜群に高いと言えます。ただし、子供のためのサプリや健康食品でトクホ認定を受けている製品まだまだ少ないため商品の特徴で商品をチョイスできるほど選択の余地がないというが現状です。

子供用サプリには副作用はあるの?

子供用サプリの安全性を考えるうえで気になるのは副作用の有無です。
大人用のサプリでも副作用と特に多くの方が関心を持っている気になる話題ですが、子供用大人用に関わらずサプリメントには基本的は副作用はありません。
子供用サプリはあくまでも食品に分類されているため強い作用を働くことはありません。これに対して医薬品には、特定の悩みや症状に対して具体的に働く強い作用を持っています。その作用が意図しないポイントに作用してしまうことを副作用と呼びます。そのため強い作用のないサプリには副作用はないと言えます。
ですが、より高い効果を得ようとメーカーの定める推奨摂取量を守らずに過剰摂取をすることで体調を崩す可能性はあります。さらに、まだ幼い子供の場合アレルギー反応を引き起こす原因となるアレルゲンがすべて把握出来てないことも考えられますのでゆっくりと摂取量を増やしていくことも安全性を確保するために有効な方法と言えます。

子供用サプリの安全性についてのまとめ

愛する子供に与えるサプリだからこそ安全性の確保は徹底したいと思います。やはり安全性を確保するために大切なことは、信頼性の高いメーカーの商品を選ぶことです。
勘違いしてはいけないのは知名度が高い=信頼性が高いではありません。
製造工程から原材料の選定、原料表記や誇大表現まで安全性に対するあらゆる配慮を第3者機関を通じて行っていることや消費者の意見やクレームなどの直接的な声がしっかりと届くシステムが整っている(公式HPなどで問い合わせ先が明示されている)などの基本的な要素が堆積することで信頼性が生まれます。
このようなメーカーの商品を利用すれば安全性を疑うことなく子供の成長を強力に支えてくれる優れた子供用サプリを選ぶことができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました