【アスミールとセノビック】2つの人気商品を様々な視点から比較しました!

子供の成長をサポートする成長期応援飲料の中でも特に人気が高く常にランキングの上位を争っている「アスミール」と「セノビック」にはどんな違いがあるのでしょうか?子供の低身長対策に、子供の偏食対策に、子供の体力増強などによりチカラ強くサポートしてくれる商品はどちらでしょうか?ここでは、口コミが話題を呼び今爆発的人気となっているアスミールとセノビックを徹底比較していきたいと思います!

アスミールとセノビックの成分の違いを比較

実は、アスミールとセノビックに含まれている成分を比較してみると成分や原材料の種類や配合量においてもアスミールが圧倒しているのがわかります。

セノビックに含まれている原材料に対してアスミールの成分(原材料)は以下の通りです。

セノビックには、カルシウムペプチドや卵黄ペプチドなどのカルシウム補助に絞られているシンプルな成分配合です。
対してアスミールには、亜鉛含有酵母やメロンプラセンタ、DHA含有精製魚油粉末など幅の広い効果を狙った成分が多く含まれていることがわかります。
成分の含有量を比較してみると、全体的にアスミールがセノビックを大きくリードしていることがわかります。
※セノビックには、大豆たんぱく質、ボーンペップ(卵由来のカルシウム)・ゼラチン等アレルゲン成分が配合されています。それぞれの成分にアレルギーがある方は使用できません

アスミールの成分含有量割合

セノビックの成分含有量割合

アスミールだけに配合されている成長サポート成分とその効果

アスミールは、セノビックには含まれていない成長促進サポートに欠くことができない成分が多数配合されている点が魅力的です。

アスミールだけに配合されている成長サポート成分

アルギニン

アスミールには身長を伸ばす効果が期待できるアルギニンが含まれているのがポイント。
アスミールとセノビックの成分で大きな差を与えているのがアルギニンの含有の有無です。アルギニンはセノビックには含有されておらず、アスミールだけに配合されています。
アルギニンには、子供の成長の要となる重要ホルモン「成長ホルモン」の分泌を促進する素晴らしい効果を持っています。そのため、子供の栄養補助製品では是非補いたい栄養素の1つです。

亜鉛

たんぱく質の合成をサポートし、成長ホルモンの分泌・合成を促進します。
カルシウムと同時に摂取することでカルシウムの吸収をサポートする効果もでき成長期には欠かせない成分です。

プラセンタ

植物の成長過程の栄養分が凝縮した、種子の生育をする「胎座」という部分から抽出した植物性プラセンタを配合。
身体を作る土台となるアミノ酸や、ビタミン・ミネラルなどが多く含まれています。

DHA

近年「頭が良くなる成分」として大注目の魚などに多く含まれる、子供の学習・記憶能力をサポートする成分DHAを配合。
魚嫌いの子供が増えている現代、成長期には特に積極的に摂取したい成分です。
アスミールは、しっかりとあるアルギニンが含まれているだけでなく、亜鉛とプラセンタによる成長ホルモンサポートを行えるのがセノビックと比較して勝っている最大のポイントです。

アスミールの成長成分

アスミールとセノビックの目的の違いは?

アスミールとセノビックに配合されている成分に注目してみるとそれぞれの商品が目指す目的の違いがよく分かります。
成長ホルモンに働きかけるアルギニンを配合し背を伸ばす効果に加えて、各種の栄養素をバランスよく配合している点。
身長を伸ばすだけでなく、成長期に必要な栄養素をバランスよくトータルサポートすることで、伸長の伸びやすいを作り、健やかなからだ作りをサポートするための商品設計になっています。
骨密度の強化に欠かせない「カルシウム」を補うことに特化し、身長を伸ばすことに特化している点。
骨密度を強化し、身長を伸ばすためのサポートとしてカルシウムを摂取することだけを目的とした商品設計になっています。
このような特徴から、お子さんに好き嫌いが少なく、栄養バランスに問題ない場合はセノビック。
好き嫌いがあり、カルシウム以外の栄養不足も気になる、成長ホルモンの分泌をサポートしバランス良く栄養を補いたい場合はアスミールがおすすめになります。
お子さんの状況に合わせて最適な商品を選択してください。

アスミールとセノビックのカルシウムを比較しました

アスミール・セノビックにはそれぞれカルシウムがしっかり配合され、さらに吸収を高める独自の工夫がなされてています。
成長期の子供の身長は、骨の両端に存在する骨端線という軟骨成分が伸びることによって伸びます。
骨端線は成長期をすぎると固まってしまうため大人になると身長が伸びなくなります。
そのため、成長期には骨を形成する主成分であるカルシウムを不足しないようしっかり補う必要があります。
ところがカルシウムは普通に摂取するだけでは吸収されにくいという性質があります。


 

セノビック

2017-08-31_11h18_55.png

アスミール

2017-08-31_11h18_50.png

配合カルシウムの種類 非公開 トリプルカルシウム
吸収率を高める成分 ポーンペップ
ビタミンD
CCP
ビタミンD
1日の必要量に対する比率 86% 86%

セノビールに含まれるカルシウムの特徴

セノビックには、ボーンペップと呼ばれる卵黄から発見された骨の成長をサポートするたんぱく質(卵黄ペプチド)が配合されています。

ボーンペップとは

ボーンペップには、カルシウムと同時に摂取することで骨の伸長・骨密度・強度を高める働きがあります。
また、カルシムの吸収をサポートする>ビタミンDもしっかりと配合されています。
配合されているカルシウムの種類、吸収率については公式サイトに記載はなく詳細は不明です。
セノビックは、カルシウムそのものの質が高いというよりは、ボーンペップとの相互作用によって効果を期待できる商品になります。

アスミールに含まれるカルシウムの特徴

アスミールには、吸収率にこだわった独自の3種類のカルシウムをバランスよく配合し、相互作用により効率よくカルシウムが摂取できるよう工夫されています。

濃厚なカルシウムを効率よく吸収することができるので、高密度・高重量な質のよい骨を作るサポートをしてくれます。
また、セノビック同様カルシウムの吸収を高めるビタミンDもしっかり配合。
さらにCCPという天然珊瑚由来のカルシウム吸収促進の素材も配合されています。
カルシウムは1日当たりの必要量の約86%を両者とも配合していますが、吸収率についてはセノビックは不明です。

アスミールとセノビックを価格で比較!

どれだけ素晴らしい商品でも継続して飲み続けないことには効果を実感することはできません。
継続購入をしていくためのランニングコストを比較しました。
1ヶ月分の購入価格の比較がこちらになります。


アスミール

セノビック

通常価格 4,430円 2,592円
日割り価格 148円 72円
定期価格(初回) 2,214円 2,160円
日割り価格 74円 72円
定期購入(2回目以降) 3,980円 1,920円~2,160円
日割り価格 133円 64円~72円


商品価格で比較をしてみると、セノビックがかなり安いことが分かります。
また、アスミールとセノビックともにお得に購入をするのであれば定期購入割引を活用したいところです。
アスミールとセノビックの定期購入の詳細をまとめるとこのようになります。


アスミール セノビック
定期価格(初回) 2,214円 2,160円
定期価格(2回目以降) 3,980円 2,160円
定期条件 3回継続 3回継続
送料 初回無料 無料
購入特典 オリジナルシェーカー
おかずレシピブック
オリジナルシェーカー


定期購入に関する条件や特典はほぼ同じ、通常と定期の価格差が大きいのはアスミール。
アスミールを購入する際は、定期購入がおすすめです。

アスミールとセノビックを飲みやすさで比較!

アスミールとセノビックを飲みやすさという観点から比較してみます。


 

アスミール

セノビック

使用回数 1日1回 1日2回
1日あたりの牛乳量 100ml 300ml
味の種類 1種類 6種類
ココア味 ココア味
バナナ味
イチゴ味
ヨーグルト味
ポタージュ味
抹茶ミルク味(限定)


アスミールの1日の推奨摂取は、1日1回どの時間でもOK。セノビックは、1日2回に分けて飲む必要があります。

一日の牛乳の量で比較

1日あたりの牛乳の量は、アスミールは1日100mlに対してセノビックは300mlとアスミールの3倍必要です。
お子さんの体質によっては、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしたり、ゆるくなるという子もいますので、商品選びの大切なポイントと言えます。

味のバリエーションで比較

味のバリエーションは、セノビックが圧倒的に優秀です。
ココア味は、子供には人気の高い味付けですが苦手な子もいます。
セノビックは、全6種類の味がありますので子供の好みにあわせて細かく商品を選ぶことができます。
ただし、セノビックには甘味料と香料が使用されています。

セノビックは人工甘味料を使用しています

子供に人工甘味料をとらせたくない方は、人工甘味料不使用のアスミールがおすすめです。
子供に大人気の成長飲料アスミールとセノビックの比較結果をもう一度整理しておきます。


  アスミール セノビック
成分評価

目的 成長期の体をトータルサポート カルシウムの補充に特化
カルシウムの種類 3種類 1種類
吸収サポート成分 CCP ポーンペップ
価格

飲みやすさ

推奨摂取回数 1日1回 1日2回
牛乳量 100ml 300ml
味のバリエーション 1種類 6種類
添加物

 


どちらの商品を選ぶにしても、継続して飲ませてあげることが何よりも大切です。
定期購入割引をうまく活用して、お得に商品を購入するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました